ランドセルコンシェルジュによるラン活アドバイスVol.04 意見が食い違った時にどうやってすり合わせる?
皆さま、こんにちは!セイバンのランドセルコンシェルジュです。
本連載では、セイバン直営店で働く「ランドセルコンシェルジュ」が、ランドセル選びのさまざまな疑問にお答えしています。
 
第4回目のテーマは、ラン活の途中に起こりやすい「おうちの方とお子さまの意見の食い違い」をピックアップ。
こじれてしまいがちなトラブルの上手な対処法をご紹介します。

一番多い意見の食い違いは「カラーの好み」

ラン活を進めていくなかで、よくあるお悩みとして挙げられるのが「お子さまとの意見の食い違い」。
 
6年間使うことを考えて、機能や丈夫さ、収納できるサイズや使い勝手など、お子さまにとって最適なランドセルを選ぼうとするママと、見た目の印象で選んでしまいがちなお子さまとでは、お気に入りのランドセルが一致しない場合があります。
 
特に女の子はランドセル選びに興味津々で、自分の好みにこだわりが強いお子さまも多いので、ママと意見が対立しやすい傾向にあるようです。
 
意見が食い違う1番のポイントは、「カラーの好みの違い」。
最近のランドセルはカラーバリエーションが豊富ですが、「女の子のランドセルはやっぱり赤」「男の子はシンプルに黒」というイメージが残っているママが多く、でも隣ではお子さまが「キラキラしたパールパープルがいい!」「青いランドセルがかっこいい!」と主張して・・・というパターンが多いですね。
 
ママはお子さまがカラフルなランドセルを選んだら、「高学年になって飽きてしまわないか・・・」「目立ちすぎてしまったら・・・」と心配して、お子さまにシンプルなランドセルをすすめられる場合が多いのですが、今は本当にさまざまな色のランドセルが購入されていますので、あまり心配されなくても大丈夫です。

意見が食い違った時のオススメの対処法は?

ママとお子さまの意見が食い違った時に、おすすめしているのは、「ランドセルを背負っている姿を写真に撮り、自宅でもう1度考えていただく」という方法です。
 
たくさん並んだランドセルを前にするとどうしても目移りしてしまうお子さまが多いので、一度自宅に帰って気持ちをクールダウンしていただく。
その上で、自分がランドセルを背負っている写真を見ると、案外すんなりとママの意見に納得される場合が多くあります。
売場でママもお子さまも譲らず・・・という事態になるよりも、この方法ならお子さま自身が納得されますので、その後のランドセル選びもスムーズに進みますよ。
 
また、何度もご来店されるお子さまも多いのですが、その度に違う色を選ばれるお子さまもいらっしゃいます。
ただでさえお子さまは好みが変わりやすいですし、そこに魅力的なカラーがたくさん並んでいると余計に迷ってしまいますよね。
ですので、実物を見に行く前に、ママがランドセルメーカーを絞って「この中から決めようね」と事前に打ち合わせしたり、ある程度ホームページやカタログでデザインやカラーの方向性をご家族で決めておくと、お店で意見の食い違いが生まれることも少なくなります。
 
 その他、意見が食い違うパターンとしては、せっかくママもお子さまも気に入ったランドセルがあっても、お友だちが選んだのと同じのがいいという理由でお子さまの気が変わることもあります。
学校によっては女の子は赤系が多い、男の子はシンプル系が多いなどの特色もありますので、選んだ後にお子さまの気持ちが変わらないよう事前に通学風景などを下調べしておくと安心ですね。
 
通う学校で実際に人気のカラー傾向や、逆に少数派のカラーもわかりますので、色の候補を絞る際に参考になりますよ。

「ラン活」の主役はお子さま!

6年間の小学校生活を快適に過ごして欲しいと願うママにとっては、真剣に悩み、戸惑うことも多いラン活。
ですが、お子さまにとってのラン活は、自分で使うものを自分で選ぶ、ワクワクとドキドキがたっぷり詰まった一大イベントです。
 
色々と考えてランドセルを選び、小学生になる実感を育てていく大切な時期ですので、例え意見が食い違ってもおうちの方の思いを一方的に押し付けるのは避けたいものですね。
お子さまの意見を尊重しつつ、またママの思いを伝えたい時はお子さま自身が納得しやすいようにさまざまな準備やサポートをしていく、この作業が一番大切だと言えます。
少々手間はかかるかもしれませんが、お子さま自身が納得して選び、購入された際には、本当に素晴らしい笑顔を見ることができるはずです。
 
笑顔のラン活、そして笑顔の入学式を迎えるために、ゆっくりと時間をかけてご家族もお子さまもお気に入りのランドセルを選んでくださいね♪