ランドセルコンシェルジュのラン活アドバイスvol.3  「女の子と男の子でランドセルの選び方が変わるの?」
こんにちは!セイバンのランドセルコンシェルジュです。
ランドセルの話題も聞くようになり、本格的に「ラン活(ランドセル選び)」をスタートさせた方も多いのではないでしょうか?

はじめてのランドセル選びはわからないことだらけだと思いますが、こちらの連載ではセイバンの直営店に常駐する「ランドセルコンシェルジュ」が、プロならではの視点で皆さまのお悩みにお答えしています。
 
第3回目は、「女の子と男の子のランドセル選びの違い」についてご紹介していきます。

女の子が注目しやすいのは、かわいい「カラー&デザイン」

女の子が注目しやすいのは、かわいい「カラー&デザイン」

「カラー&デザイン」がランドセル選びの重要ポイントに

女の子は、男の子と比べてもランドセル選びに興味津々な場合が多いですね。
色とりどりのかわいいデザインに夢中になって、ランドセル選びの最優先項目が「カラー&デザイン」になることが多いようです。
 
セイバンのランドセルは、こだわりがしっかりした女の子のために、華やかなかわいらしさ満載のものからシックで大人っぽい雰囲気のもの、シンプルでベーシックなもの、個性が光るものなど、さまざまなデザインのものをご用意しています。
 
カラーは、人気の赤系、パープル系をはじめ、サックス(水色系)やブラウン、ピンク系など多くのカラーバリエーションをご用意。お姫さまやファンタジーの世界観を表現した刺しゅうやクリスタルは、選ぶ楽しみを満喫させてくれます。また、近年は、シンプルでベーシックなデザインも人気上昇中です。お子さまの個性にあわせて広い選択肢から選んでいただけます。

実際に背負ってフィット感を確かめましょう

見た目のかわいさに捉われがちなお子さまの隣で、おうちの方は我が子に必要な機能を満たしているかどうかの冷静なチェックを忘れずにしましょう。
 
特に大切なのは、からだが小さい1年生でも快適に背負えるランドセルかどうか。
からだにフィットして、背負いやすいランドセルなのか、実際に背負って確かめることを忘れないようにしましょう。なお、背負われる際には、教科書の重量に相当するおもり(なければ500mlのペットボトル2~3本)を入れてみて、肩ベルトの長さを調整してからだにフィットさせながら、実際の使用に近い状況でお確かめください。
 
色やデザインがどんなに気に入っても、必要な機能を備えていなければ6年間を快適に過ごすことはできません。デザインと機能の両方を併せもつランドセルが選べるよう上手に誘導してあげてください。

今年度、人気が出そうなランドセルの色は?

今年度、人気が出そうなランドセルの色は?
2021年4月ご入学者さま向けに行った人気カラーアンケートを見ると、赤系に続いてパープル系が人気を集めており、この人気は2022年度も続く見込みです。赤系をはじめ、パープル・サックス・ブラウン・ピンクと、特に女の子は人気色の分散が予想されます。
 
今年度の特長としては、シャーベットミントやミルクティーベージュなど、ペールトーンのランドセルが人気上昇中です。
淡い色合いのランドセルも増えていますが、はっ水性のある素材を使っていますので、汚れが気になる場合には軽く水拭き等でお手入れいただけます。
 
カラフルなランドセルを選ぶと「色の好みが変わらないかしら?」「派手すぎないかしら?」と心配する声が多く寄せられますが、高学年になるとランドセルカバーで見た目の印象を変える女の子も多いですし、カラフルなランドセルがスタンダードになりつつあるので、あまり心配しなくても大丈夫です。

男の子の傾向は、デザイン以上に「機能性」を重視すること

男の子のポイントは、デザイン以上に「機能性」を重視すること

人気のカラーはやっぱり黒

もちろん男の子にとってもランドセル選びはわくわくのイベントです。ランドセル売場には、カラーやデザインにこだわったオシャレなランドセルがたくさん並んでいますが、男の子に人気なのは、やっぱり「黒」のランドセルです。
 
毎年人気カラーの傾向が変わりやすい女の子と比べると、男の子は安定して定番の黒が好まれています。ただし、黒とひとことに言っても、黒一色のシンプルなデザインから、黒をベースに青や赤、ゴールドの差し色が入ったもの、型押しの模様が入ったものなどたくさんのバリエーションがあります。

6年間安心して使える機能性を

男の子にはベーシックなデザインを探されることが多いですが、デザインやカラー以上におうちの方が重視されるのは「機能性」です。
6年間長持ちする「丈夫さ」や「耐久性」、また汚れることを想定して「お手入れのしやすさ」や「はっ水性の良さ」などをチェックポイントにされる方が多いですね。
 
では、そんな機能性の違いはどこからくるのでしょうか?
ランドセル選びをする際に押さえておきたい、機能性を大きく左右する「素材」についてご紹介します。

ランドセルに使われる「素材」の違いって?

ランドセルに使われる「素材」の違いって?
ランドセルに使われる素材は、大きく分けると「人工皮革」と「天然皮革(本革)」の2種類があります。人工皮革と天然皮革(本革)をわかりやすく比較すると、素材そのものの強さは天然皮革(本革)が勝り、素材の軽さやはっ水性の高さ、手入れのしやすさは人工皮革の方が優れています。
 
しかし、人工皮革の進化は著しくセイバンの独自素材「アンジュエール タフプラス」などキズに強く丈夫な素材もあります。また、セイバンのランドセルでは、人工皮革そのものの強さだけでなく、型崩れを防止する芯材「タフかるプレート」やランドセルの変形を防ぐ「スタイルキーパー」などを採用して本体の耐久性をぐんとアップさせ、6年間型崩れせずキレイな状態をキープします。
 
進化し続ける人工皮革のランドセルは「強さ」「軽さ」「お手入れのしやすさ」の機能を兼ね備え、現在では約8割の方が人工皮革のランドセルを選んでいます。
 
天然皮革(本革)は、重さやお手入れの大変さに関してはどんどん改良されて使いやすくなっており、本革ならではの風合いの良さや希少性は人工皮革では及ばない長所。
ですから、天然皮革(本革)は、高級感や質感などにこだわる方から根強い人気を誇っています。

人工皮革と天然皮革ってどう違う?知っておきたいランドセルの素材のこと  

ランドセル選びの参考になりましたか?

ランドセル選びの参考になりましたか?
女の子と男の子ではランドセル選びで重視されるポイントに違いがあることを、知っていただけたのではないでしょうか。重視されるポイントは違っても、やっぱり6年間安心して使えるランドセルを選ぶことが大切です。お子さまもご家族も心から満足するランドセルを見つけてくださいね!