はじめてのランドセル選び、たくさんある中からお子さまに合ったものを選ぶのは、なかなか難しいですよね。
選ぶポイントについてはいろいろあると思いますが、お客様からよくあるご質問にお答えする形でアドバイスをお届けしたいと思います。
「A4クリアファイル対応」、「A4フラットファイル対応」というのは何が違うのですか?またサイズを選ぶときに気をつける点はありますか?
さまざまな形のランドセルがありますが、A4サイズという紙のサイズを基準に展開されています。その中でも、「A4〇〇サイズ」対応と記載のあるランドセルは、それぞれ微妙にサイズが異なるのでご注意ください。 現在、主流となっているのはA4フラットファイルサイズ(横23cm前後×縦31cm前後)となっており、セイバンで取り扱うランドセルのほとんどがA4フラットファイルサイズとなっています。 他には、A4教材対応サイズ(横21.5cm×縦29cm前後)、A4クリアファイルサイズ(横22.5cm×縦31cm前後)などがあり、各メーカーによっても若干のサイズの違いがあるので注意しましょう。

一回り以上小さかった昔のモデルと現在のモデル

実はお父さま、お母さまが子どもの頃は、一回り小さなB5サイズが主流でした。
これは役所などで使われていた公文書などがB5サイズであったため、学校の教材やプリントなどもそのサイズで作られることが多かったためと言われています。

2000年頃からこのサイズがA4へ移り変わっていくにつれ、ランドセルのサイズもA4サイズが主流へと変化していきました。これに伴い、ランドセルの大きさは縦横ともに2~3cmほど大きくなっています。お父さま・お母さまからすると、ランドセルってこんなに大きかったかな?と思われるかもしれません。

ご検討の際には、お子さまに実物を背負ってもらい、からだに負担がかかっていないかを試してもらい、からだにあったものを選ぶことが重要になります。