“工房系ランドセルメーカーのサーバーにアクセスが集中してサーバーがダウン”というニュースもあり、「人気のランドセルは夏休みになくなっちゃうのよ!」という声が世の中を駆け巡りました。
さらに、お気に入りのランドセルを見つけるための活動が激化していることを表して「ラン活」という新たな言葉まで登場しているようです。

傾向として、ランドセルの購入時期が早まっているのは間違いありませんが、果たして実際に気に入ったランドセルが本当に購入できなくなるのでしょうか?
 

そもそも、工房系と大手ファクトリーでは生産体制が違う

売り切れるか、売り切れないかは、ランドセル生産数の違いに大きく影響します。
もともと工房系のランドセルは、生産量が限られてしまうので夏頃に受付を終了するものが出てきます。
一方、セイバンのような大手ファクトリーでは、安定した生産体制を整えているので夏頃に売り切れるようなことは、ほぼありません。
※一部カラーは、売り切れとなる場合がございます。
 

実際に、ランドセルはいつ検討しはじめているの?

では、みなさんはいつ頃ランドセルを検討し始めているのでしょうか?
小学1年生のお子さまがいて、実際にランドセルを購入した方に行ったアンケート結果を見てみましょう。

【調査概要】 実施時期:2016年07月 調査方法:インターネットアンケート 調査エリア:全国 対象者:2016年に4月に小学校へ入学したお子さまをもつ母親 調査人数:300名(男児を持つ母:150名 女児をもつ母:150名)

最新男女別ランドセル選びに関する調査結果
検討開始時期として一番多かったのは8月(55人)で、続いて7月(52人)という結果になっています。
今回アンケートを行った方の約1/3が夏休み時期に検討していることになります。

しかし、検討が活発になるのは4月から10月まで幅広い範囲になっています。
さらに、12月から2月という年末年始時期に検討されている方も合計で41人いて、じっくりとランドセルを比較検討して購入している様子がうかがえます。
 

一生に一度のランドセルだからじっくりと吟味して

最近では、2、3月頃からリサーチを始めて、お盆の時期に3世代揃ってランドセルを購入する、という光景が多くなりました。
「人気のランドセルは早く購入しないと!」と焦ってしまわずに、お子さまが6年間背負い続けるものですから、丈夫で安心して使えるものかをしっかり吟味してから購入しましょう!