ランドセルに使われる素材は大きく分けて「本革」と「人工皮革」の2つ。それぞれに違いやメリット・デメリットがあります。そこで、ランドセルの素材にお悩みの方へ向けて双方の違いを解説します。さらに、実際に購入された方の口コミもご紹介。ぜひ、素材選びにお役立てください。
 

本革と人工皮革、それぞれの素材を解説

ランドセルの購入する際、本革と人工皮革どちらのランドセルにするかを検討することになるでしょう。購入時に困らないよう、まずはそれぞれの素材について知ることが重要です!

本革のランドセルとは

本革のランドセルは主に2種類あります。牛革を使用したものと、馬のお尻部分の革を使用したコードバンです。コードバンは、馬一頭からランドセルのカブセ2枚分ほどしか取ることができないため、牛革に比べさらに希少価値の高い素材です。
 
牛革もコードバンも、どちらも素材に高級感があり、本革にしか出せないツヤ感やなじみの良さがあります。
 

牛革素材のランドセルについて詳しくはこちら

コードバン素材のランドセルについて詳しくはこちら

人工皮革のランドセルとは

人工皮革のランドセルは高品質な人工皮革、クラリーノ®やアンジュエール、ベルバイオなどを使用しており、有名繊維メーカーが生産しています。以前はランドセルといえば本革!という考えがありましたが、現在では市場の大半を占めているのが人工皮革のランドセルです。
 
人工皮革とよく間違えられやすいのが合成皮革!こちらは全く違うものです。合成皮革は、キズに弱く、一度傷がつくとそこから亀裂が入ってしまうことがありますが、人工皮革はそういったことはありません!素材の強度に違いがあるので、混同しないようご注意を!
 

本革と人工皮革のメリット・デメリットの比較一覧

本革と人工皮革のランドセルには、上記のようなメリット・デメリットがあります。
 
天然素材ならではの高級感溢れる質感や風合いで人気を呼んでいる「本革のランドセル」。重量感があり、お手入れも必要というデメリットがありながらも、本格派のイメージで支持を得ています。
 
一方、本革に比べて軽量で雨に強い「人工皮革ランドセル」。素材自体は、本革のような味わい深さはありませんが、お手入れが簡単で”軽量なのに丈夫な素材”としてランドセルで人気の高い素材となっています。また、豊富なカラーバリエーションやキラキラデザインなどデザインの幅が広いことも大きな特徴といえます。

購入者のリアルな声!本革・人工皮革ランドセルの口コミ

セイバンで本革・人工皮革、それぞれの素材のランドセルを実際に購入した方の口コミをご紹介!購入者や使用者のリアルな感想がわかると、購入後のイメージもしやすく安心ですよね。さっそく見ていきましょう。

本革のランドセル購入者の口コミ

評価 :★★★★★
本革のランドセルに憧れがあったので色々なお店をまわって背負わせてみましたが、これが軽いというので決めました。届くのが楽しみです^^

評価 :★★★★☆
レザーは重くないかな?と心配していましたがお店で背負わせると背負いやすい、と言うのでコレに決めました!はっ水加工もあるので安心しました。

人工皮革のランドセル購入者の口コミ

評価 :★★★★☆
型崩れもなく、キズも目立たないので安心して購入できました。
来年、兄弟でランドセルを背負って登校する姿を見るのが待ち遠しいです・・・!

評価 :★★★★★
他のものを含めて実物をチェックしたところ、娘はプリンセスの刺しゅうに大満足で、ママも上品で可愛らしいデザインに大満足しています。届くのが待ち遠しいです。

実は、ランドセル全体の76.7%が「人工皮革」

【調査概要】
調査期間:2019年10月
調査対象:2020年度4月に小学校へ入学されるお子さまをお持ちの方(n=1500)
調査方法:インターネット調査 (セイバン独自調査)

本革と人工皮革のランドセルでは、圧倒的に人工皮革ランドセルのシェアが多いです。
お子さまは、豊富なカラーリングやデザインがある人工皮革のランドセルに心惹かれるようです。何より、軽くて、機能性の高い人工皮革ランドセルを支持するママの声が多く聞かれます。

機能面もデザイン性も高くなる人工皮革のランドセル

人工皮革の特長は、耐久性やはっ水性などの機能面が進化していること。
 
例えば男の子の「ワンパ」シリーズ に採用されている「クラリーノ® タフロック® ペレアス®」は、傷に強く、雨の日でも安心な高いはっ水機能をほこります。

 
生地やデザインの自由度も人工皮革ならでは。バラやリボンなどの華やかなモチーフを使い、まるで魔法にかけられたかのような魅力的な世界を表現した「モデルロイヤル トゥインクル」にはパール生地が使われていて、キラキラとした輝きを放ちます。定番のピンクを含む4つのパステルカラーから選べるところも人気のポイント!

 

本革なのに背負うと軽い!「HOMARE」シリーズ

セイバンの本革モデルである「HOMARE」シリーズ は、表面にコーティング加工を施すことによって本革のデメリットを改善しました。はっ水・防汚・色落ち防止加工でお手入れもラクラク♪
 
また、本革ゆえの重さは、体へのフィット感を高める「天使のはね」や「3D肩ベルト」機能を組み合わせ、体感重量を軽減させました。
 
上質な革の風合いを保ちつつ、高学年になるほど革が馴染む味わいの良さも楽しめますよ。シンプルなデザインで天然革本来の魅力を存分に引き出しています。
 

それぞれの素材の良さを比較し、お気に入りのランドセルを見つけよう!

人工皮革、本革ともに従来であればデメリットとされていた部分はどんどんと改良が進んでいます。上質感&耐久性、デザイン性&機能性という風に、それぞれが得意とするメリットの部分を重視して選ぶのがオススメ!
 
6年間を共に過ごすパートナーなので、心から気に入ったランドセルを選んでくださいね♪