ランドセルを購入したら、ご入学までに新しいランドセルがお家に到着します。
でも、ランドセルが到着した時に確認することはあるの?どうやって保管しておけば良いかわからない、という方が多いかもしれません。
そこで今回は、ランドセルが到着してから確認することと、保管方法についてご紹介します。
 

ランドセルが到着したら、付属品を確認しましょう

ランドセルが到着したら、付属品を確認しましょう
ランドセルの箱を開けると、保証書付きの「ランドセル6年間サポートブック」(写真左)、ランドセル用座敷、お手入れクロスセット(※本革使用製品のみ)が入って  います。
「ランドセル6年間サポートブック」は、裏面が、製品保証書になっていますので、6年間大切に保管してくださいね。

そのほか、ランドセルの中にセットされているものとして、
・時間割表1枚
・ネーム札1枚
があります。

ランドセル用底敷き 「チルトプレート」の接着について

ランドセル用座敷 「チルトプレート」の接着について
ランドセルをお届けした際は、チルトプレートが接着されていない状態です。
粘着ゲルの保護フィルムをゆっくり剥がし、傾斜の低い方を背中側にして接着してください。
粘着ゲルは、チルトプレートを取り外してお手入れができるよう、程よい接着力になっています。
汚れてしまった場合は、水で洗い流して日陰干しにすれば、粘着力が回復して繰り返し使うことができます。
※ランドセルの種類によって、「チルトプレート」ではなく「リフレクリーン」の場合があります。

ランドセルの内側に貼られた検品シールについて

ランドセルの内側に貼られた検品シールについて
ランドセルの内側には、品番が書かれたシールが貼ってあります。
こちらは「検品シール」と言ってランドセルの品番が書かれており、修理の際に種類の特定ができます。万が一、保証書をなくしてしまった場合でもランドセルの年代・種類を特定できるようになっています。

ランドセルの肩ベルトをお子さまに合わせて調整しましょう

ランドセルをお届けした際は、肩ベルトが背負える状態になっていません。背負う時には肩ベルトのセッティングが必要です。お子さまの体形に合わせて 、肩ベルトの位置を調整しましょう。
ランドセルが届いてから実際に使用されるまで期間が空くこともありますので、お使いになるタイミングで改めてしっかりと調整してあげてください。
①肩ベルトと下ベルトは、カブセ側にまわした状態で箱に入っています。まずは、両方の肩ベルトをはずしてください。
①肩ベルトと下ベルトは、カブセ側にまわした状態で箱に入っています。まずは、両方の肩ベルトをはずしてください。
②下ベルトは左右にぐるっと回転するようになっています。180度ぐるっと回転させましょう。
②下ベルトは左右にぐるっと回転するようになっています。180度ぐるっと回転させましょう。

③肩ベルトを下ベルトの留め具(美錠)に通します。まずは、上から2番目の穴で固定します(小学校1年生の平均的な固定位置です。必要に応じて穴の位置を調整してください)。

④肩ベルトを指輪に通して、固定しましょう。

肩ベルト、下ベルトの調整ポイント

肩ベルト、下ベルトの調整ポイント
基本的な肩ベルトの調整ポイントは2つです。
・背負った時に、ランドセルが地面に対して垂直になっているか。
・背負った時に、背中に隙間がなく、ぴったりフィットしているか。
をしっかりと確認しましょう。

肩ベルトは、お子さまの服装の変化や成長に合わせて、穴を調整するのがベストです。
季節ごとに肩ベルトの状態を確認してあげると、お子さまが無理なくランドセルを背負うことができます。
下ベルトの調整も忘れないようにしましょう。下ベルトには、形状保持プレートが内蔵されているので
お子さまのわき腹にフィットするようにひねって調整をしてください(※HOMAREシリーズには搭載していません)。

小学校が始まるまでのランドセルの保管方法

小学校が始まるまでのランドセルの保管方法
ランドセルの調整が済んだら、以下のポイントに注意しながら小学校入学まできちんと保管しておきましょう。
・カビ防止のため、高温多湿な場所を避け、直射日光の当たらない通気性の良い場所に保管しましょう。直射日光に長時間当たったり、高温多湿な場所で保管すると変色する恐れがあります。
 
・カブセを下にして置かないようにしましょう。キズや汚れの原因になるので注意してください。
 
・カブセを折り曲げて置かないようにしましょう。カブセにシワが入ったり跡が残る可能性があるので注意が必要です。

ランドセルの準備方法や保管方法はおわかりになりましたか?

ランドセルが到着した際の確認事項と、ランドセルの保管方法についてご紹介しました。
お子さまがランドセルを快適に背負えるよう、しっかりと準備、保管をしてあげてください。