牛革のランドセルが気になる方必見!人気の理由や相場価格をご紹介
牛革のランドセルは数ある素材の中でも、根強い人気を集めています。そんな牛革ランドセルの人気の理由や相場価格をご紹介します!また、購入前に知っておきたいお手入れ方法、近年の牛革ランドセルの傾向もお届けします。

ランドセルに使う牛革ってどんな素材なの?

牛革とは、その名の通り牛の皮から作られた天然皮革です。頑丈さと見た目の美しさを兼ね備えている利用価値の高い皮革です。

牛革を使って作られるランドセルは、とても丈夫でかつ上品に仕上がります。現在のランドセル素材の主流は人工皮革ですが、それらが普及するまではランドセル素材の王道は牛革でした。
ランドセル素材のアンケート結果
ママさん300人を対象に行われたアンケートによると、現在も全体の約1/5の方が牛革のランドセルを選んでいます。天然皮革の中では一番人気で、各メーカーから牛革モデルが毎年販売されていることからも、牛革のランドセルは根強い人気があることがうかがえます。

牛革ランドセルの相場価格

牛革ランドセルの相場価格は8万円~10万円程度。高いものであれば15万円以上になる場合もあります。一部に人工皮革を使用したモデルや、デザインに工夫が凝らされているもの、高機能なものなど種類はさまざまで、仕様によって価格は左右されます。

牛革ランドセルが人気な理由3つ

根強い人気のある牛革ランドセル。多くの方が惹かれる理由をご紹介します!

1. 高級感があって上品な見た目
2. 丈夫でキズに強い
3. からだに馴染みやすい

1. 高級感があって上品な見た目

牛革のランドセルは、高級感のある見た目と手触りが特長です。ベーシックなデザインが多いため、お子さまの趣味が変わってしまったり、飽きてしまったりといった心配がありません。人工皮革にも天然皮革にもそれぞれの良さがありますが、牛革ならではの質感は、人工皮革では味わえないものです。

2. 丈夫でキズに強い

天然皮革である牛革は、細かい繊維が複雑に交わってできています。そのため、とても丈夫でキズに強いランドセルが仕上がるのです。入学から卒業まで、6年間の使用にも耐えられるので、安心してお使いいただけます。

3. からだに馴染みやすい

牛革のランドセルは使いはじめにおいては硬く、使いこむほど革が馴染んでくるという性質があります。馴染む性質により徐々にお子さまのからだにフィットしてくれるのです。

牛革ランドセルの近年の傾向とは?

ランドセル
ランドセルは毎年進化しています。牛革ランドセルの近年の傾向をまとめてみました。

・お手入れがしやすいモデルが登場
・体感重量が軽くなってきている
・モデル展開が豊富になってきている

お手入れがしやすいモデルが登場

牛革をはじめとした天然皮革のランドセルは、美しさを保つためにお手入れが必要です。近年では、表面に加工を施すことで、汚れがつきにくいモデルが登場しています。

また、天然皮革のランドセルは水分に弱く、濡れたままにしておくと、ひび割れやシワができてしまいます。ですが、表面にはっ水加工を施すことで、耐水性がアップしている商品も増えています。

お手入れが完全に必要ないというわけではないですが、汚れや水を取り除くことが簡単に行えるようになってきているのです。

体感重量が軽くなってきている

牛革のランドセルは、革の素材が人工皮革に比べ、より詰まっていることから、重たく仕上がります。お子さまのことを考えると、軽いランドセルが嬉しいですよね。実は牛革のランドセルでも、一部に人工皮革を使用したり、体感重量が軽くなるような工夫が施されたりしているものが増えてきています。

モデル展開が豊富になってきている

牛革のランドセルは素材の美しさを打ち出すもの以外にも、高機能のモデルも流通しています。A4フラットファイル対応など大容量であったり、背中の通気性がより良くなっていたり、お子さまの使いやすさが考えられたランドセルが多く販売されているのです。

また、スタンダードな黒(ブラック)や赤(レッド)だけでなく、キャメルやピンクなど近年の流行カラーが展開されるようになってきています。

高級感のある見た目だけでなく、使いやすさを兼ね備えた牛革ランドセルは文句なし!デザインだけでなくいろいろな視点から探してみてください。

購入前に知っておきたい!牛革ランドセルのお手入れ方法

先ほどご紹介したように近年の牛革ランドセルは、汚れや水に強いものが増えてきています。日常のお手入れは乾いたやわらかい布での乾拭きで十分です。可能であれば、毎日お手入れをすることで、ランドセルをキレイに保つことができます。万が一、水濡れしてしまったり、汚れが付いてしまったりした場合のお手入れ方法もお届けします。

水濡れした場合

ランドセルが水に濡れてしまった場合、できるだけ早めに乾いたやわらかい布で拭き取ってください。水分を十分に拭き取った後、日陰でランドセルを乾かします。

乾かす際、絶対にドライヤーを使わないようにしましょう!ドライヤーの熱がランドセルの変形、ひび割れの原因となりますので注意が必要です。

汚れが付いた場合

ランドセルに汚れが付いてしまった時は、まず乾いたやわらかい布で汚れを拭き取ります。汚れがしつこい場合は、濡らした後固く絞った布で水拭きしてください。水拭きをした場合は、必ず風通しのよい日陰で乾かしましょう。

牛革ならではの魅力が詰まったランドセル!気になったらまずはチェックしてみよう

ランドセルの素材に迷っている、または牛革が気になっている方必見の情報をお届けしました。

牛革ランドセルは、牛革だからこそ感じられる魅力がいっぱい! お子さまにとってもママさんにとっても嬉しい特長をいくつも持っています。

近年では、さらに使いやすさが考慮され、カラー展開も豊富ですので、ぜひ一度牛革ランドセルをチェックしてみてください。