高級ランドセル素材「コードバン」とは?他素材との違いやおすすめモデルも解説
コードバンのランドセルは、高級感あふれる質感と雰囲気で、男の子・女の子ともに根強い人気があります。コードバン製のランドセルを詳しく知らない方へ、ランドセル素材としての魅力と、価格やお手入れ方法を解説。他の素材との比較や、コードバンのおすすめランドセルもご紹介!

ランドセル素材のコードバンとは?

ランドセル素材のコードバンとは?
コードバンとは、馬のお尻部分の皮をなめした天然皮革の一つです。馬1頭から、わずかランドセルのカブセ2枚分しかとれない希少性の高い皮革です。
 
天然皮革の中でも上級素材で、「キングオブレザー」や「革のダイアモンド」と称されています。そんなコードバンから作られたランドセルは、独特の光沢と重厚な質感に仕上がり、その丈夫さは随一です。

コードバンランドセルの価格帯

コードバンなど天然皮革から作られたランドセルは、一般的に「高級ランドセル」と呼ばれています。コードバンランドセルの相場価格は8万円~10万円。高いものであれば20万円近くする場合もあります。
 
近年のランドセル購入相場が、5~7万円ほどですので、それに比べると高価格だと分かります。天然皮革の中でも、特に希少性の高いコードバンだからこそのお値段なのですね。

コードバンランドセルの重さ

コードバンから作られたランドセルの重さは、1,500g前後です。革の加工技術の発達により、昔に比べ軽量化されています。
 
人工皮革のランドセルは1,200g前後ですので、コードバンの方は、とても丈夫な素材である分、やや重量があります。

コードバンランドセルの魅力3選

コードバンから作られたランドセルの魅力とは一体何なのでしょう?特にお届けしたい魅力を3つまとめてみました!

1. 非常に丈夫・耐久性がある
2. 高級感あふれる見た目
3. 使えば使うほど味が出る

非常に丈夫・耐久性がある

コードバン製ランドセルは、とても丈夫でキズや衝撃に強く、その強度は牛革の2~3倍にもなると言われています。お子さまが使うランドセルは、丈夫なものが嬉しいですよね!コードバンのランドセルなら、6年間使用しても型崩れやキズに十分に耐えることができますよ。

高級感あふれる見た目

コードバン層と呼ばれる、キメの細かい革繊維は、なめらかな手触りが特徴です。高級感のある見た目で、かつシワにもなりづらいため美しさが際立ちます。
 
ランドセルの革にこだわりたい!高級感のあるランドセルが欲しい!という方にぴったりです。

使えば使うほど味が出る

コードバンは、使い込むほどに革のなじみが良くなるので、お子さまの体にもフィットしていきます。だんだん、自分だけの味があるランドセルになっていくのは、お子さまにとってもおうちの方にとっても、楽しみですね。
 
※ただし、コードバンは非常に硬い革です。背あてや肩ベルトといった体にあたる部分は、牛革や人工皮革などの、やわらかい素材を使用しています。

3つの素材を比較!コードバン・牛革・クラリーノ

ランドセルの素材として多く用いられているのは、コードバンや牛革などの本革と、クラリーノ®やアンジュエールといった人工皮革です。まず、本革と人工皮革とでは何が違うのでしょうか。また、それぞれどのような特徴やよさがあるのか、下記にまとめました。
 

本革と人工皮革の違い

本革と人工皮革の大きな違いは、丈夫さ・重量・風合いです。一般的にランドセルに使われる革は本革のほうが硬く丈夫ですが、その分重たくなります。人工皮革は、本革と同等の強度があることに加えて、加工しやすい素材です。形に変化をもたせてさまざまなデザインを表現できたり、細かな刺しゅうを施すことができたりと、いくつものメリットがあります。

3つの素材の比較一覧

※ランドセルカバーなどをつける際は、こまめな着脱等のケアが必要になります。
 
同じ天然皮革でも、牛革とコードバンでは耐久性に大きな違いがありますね。コードバンは高級感、重厚感があるかわりに他の素材に比べると少し重みがありますが、その差はノート1~2冊程度になります。
 
3つの素材の中で1番高額なものが多いのはコードバンのランドセルです。しかし、コードバンの上品さや品質は他の素材より優れているため、6年間使い続けたときに見た目に差が出ます。価格以上の価値や魅力は十分にあると言えるでしょう。

コードバンランドセルのお手入れ方法

現在発売されているコードバンのランドセルには、防汚・はっ水・防傷できるように工夫がほどこされているものが多く、特別なお手入れは必要ない場合があります。
 
しかし、せっかく購入したランドセルをできる限り綺麗に使い続けたいという方に、コードバンランドセルのお手入れ方法をご紹介します。

1. 水濡れはすぐに拭き取る
2. ドライヤーは絶対に使用しない
3. 内装の掃除も定期的に行う
4. 汚れ部分は拭き取るかクリームを塗る

1. 水濡れはすぐに拭き取る

コードバンは、水分に弱いことで知られています。製品によっては、はっ水加工がほどこされていますが、良い状態で使い続けていただくためにランドセルが水に濡れたらすぐに拭き取りましょう。雨の日はランドセルにカバーを付けるのもおすすめです。
 
水濡れをふく際は、良く乾いた布やガーゼを使い、その後日陰でゆっくり陰干しするのが一般的です。

2. ドライヤーは絶対に使用しない

コードバン素材にドライヤーを当てることは厳禁!ドライヤーの熱で、革の表面にシワやひび割れができる恐れがあるからです。もし、ランドセルが水に濡れてしまったら、ドライヤーを使わず拭き取って乾かしましょう。

3. 内装の掃除も定期的に行う

月に一回程度、ランドセル内の掃除をするのがおすすめです。外側の汚れは目に付きやすいですが、内側は確認がおろそかになってしまいがちです。隅にたまったホコリや消しゴムのカスで、ノートや教科書が汚れてしまうこともあります。ランドセルを空っぽにして定期的に汚れを取り除きましょう。

4. 汚れ部分は拭き取るかクリームを塗る

革表面に汚れが付いてしまった場合は、堅く絞った布で水拭きしましょう。しかし、コードバンは水に弱いので、水分はすぐに拭き取る必要があります。革専用クリーナーで汚れを拭き取る方法もありますが、ランドセル表面に加工がほどこされていない素材のみ行いましょう。表面加工がされている場合、素材が傷んでしまう可能性がありますので、クリーナーの使用は避けてください。

おすすめ!人気のコードバンランドセル

人気の高い男女兼用のコードバンランドセルをご紹介します!

HOMARE アンティークコードバン

HOMARE アンティークコードバン

コードバンを使用したワンランク上のランドセル

HOMARE アンティークコードバン

希少性の高い高級革コードバンをカブセに使用したランドセル。コードバンの丈夫さと、お子さまの背負いやすさのための機能性を兼ね備えています。革になじむよう、金具はアンテイークゴールドで統一されています。使いやすさと高級感、どちらのことも考えて作られているランドセルです。

素材
主素材:牛革
※カブセ:コードバン
※テープ類等、一部人工皮革を使用
背 中:牛革
肩ベルト裏:牛革
サイズ
A4フラットファイルサイズ対応
内寸:約31.0cm×幅約23.5cm×マチ幅約11.5cm
外寸:33.5cm×幅約26.5cm×マチ幅約20cm
重さ
約1,550g

ブラック、キャメル、カーマインレッド
価格
93,500円(税込)

高級感のあるランドセルにこだわりたいなら、コードバンがぴったり!

コードバンで作られたランドセルについてご紹介しました。高級感と美しさ、丈夫さを兼ね備えた素材、コードバン。独自の魅力がランドセルにいっぱい詰まっています。ランドセルの見た目や革素材にこだわりたいという方に、とてもぴったりな素材です。
 
コードバンのランドセルを購入したという方は、ご紹介したお手入れ方法を続ければ、綺麗に使い続けることができますよ。愛着をもって長く背負わせてあげましょう!