背負いやすいランドセルは何で判断すればいい?子ども想い機能と重要なパーツ
ランドセルの背負いやすさをチェックすることはとても重要です。しかし、具体的にどこに注目すればよいのでしょうか?からだにフィットし、背負いやすいランドセルを選ぶことが、お子さまのからだ負担を和らげる大切なポイントです。からだの負担を軽減するランドセルの機能や確認すべきパーツをご紹介します。

ランドセルの背負いやすさは『体感重量』に注目!

ランドセルの背負いやすさは『体感重量』に注目!
近年、荷物を詰め込んで重たくなったランドセルを背負う、小学生のからだへの負担が話題です。お子さまのからだへの負担を軽減するために、ランドセル本体の軽さを意識される方は多いかと思います。ですが本当に重視していただきたいのは、ランドセル本体の重さではなく、荷物を入れて背負ったときの『体感重量』です。

『体感重量』とはランドセルそのものの重さではなく、お子さまがランドセルを背負ったときにからだで感じる重さです。『体感重量』が軽いということは、からだ全体に負担が分散されており、からだの一部分のみに負担がかかっていないということです。『体感重量』の軽さが、お子さまの毎日の背負いやすさにつながります。

お子さまが毎日荷物を入れて背負うランドセルですので、『体感重量』の軽減が考えられたランドセルなのかどうか、選ぶ際にはよくご確認ください。
 

ランドセルの背負いやすさに求められる性能3つ

『体感重量』を軽減するものをはじめ、背負いやすいランドセルにはいくつか重要な性能があります。購入するランドセルにこれらの性能が備わっているかを必ずチェックしましょう!

・フィット性
・クッション性
・通気性

・フィット性

ランドセルがしっかりとお子さまにフィットすることで、『体感重量』を軽くすることができます。からだに沿うように、またからだに触れる面積が大きくなるように設計することで、ランドセルのパーツがお子さまのからだに食い込むことを防ぎます。

からだにフィットしたランドセルは、安定感が増すのでお子さまの動きを邪魔することがありません。ランドセルを背負ったまま走り回っても、安心です。

・クッション性

お子さまのからだに触れる部分にクッション性があることで、ランドセルとの摩擦や衝撃を和らげられます。クッション性が低いランドセルは、動くたび強くからだにぶつかってしまうため、お子さまが衝撃から痛みや動きづらさを感じてしまいます。ランドセルを検討される際は、直接触ってクッション性を確かめましょう!

・通気性

クッション性と同様に、お子さまのからだに触れる部分に求められるのが、通気性です。背負いやすいランドセルを叶えるためには、からだにフィットすることが必要ですが、そのことで発生する問題点が、ムレてしまうこと。とくに、汗をかきやすい夏場には悩ましい問題です。からだへの負担が少なくても、ムレてしまうと快適さを感じることができないですよね。背負いやすいランドセルには、高い通気性も求められるのです。

ランドセルの背負いやすさは、パーツで一目瞭然!欠かさずチェックしよう

ランドセルの背負いやすさ性能をご紹介しましたが、3つのパーツを確認することでこれらの性能の有無を的確に確かめることができます。

・背カン
・肩ベルト
・背あて

・背カン

背カン
背カンとは、肩ベルトと本体をつなぐパーツのこと指します。この背カンはランドセルの背負いやすさに大きな影響を与える部分なのです!

背カンには、「固定型」と「可動型」の2種類があります。背負いやすいランドセルには、可動型が採用されていることがほとんどです。可動型は、左右の肩ベルトがお子さまの体型や動きに合わせて自在に動くことで、窮屈に感じたり、からだへ衝撃が走ったりすることを防いでくれます。

・肩ベルト

肩ベルト
続いてチェックするべきなのが、肩ベルトの形です。ランドセルの重さを支える部分が細いと、当然その部分にかかる負担は大きくなります。一方、肩ベルトの面積が広いと、重さが広く分散されます。
肩ベルトの内径を長く、外径を短く、わん曲形状にすることで、ベルトとからだの接触面積が広くなり、フィット感が高まります。

また、肩ベルトはお子さまのからだに触れる部分ですので、ムレてしまう可能性があります。使用されている素材の通気性も忘れずに確認しましょう。

・背あて

背あて
背あてとは、背負ったときの背中に当たる部分のパーツのことです。背中に触れる面積が広く、クッション性が高いこと、通気性が優れていることが背負いやすい背あての条件!

背あてと背中が触れる面積が広いと、肩以外に背中でもランドセルを支えられるため、『体感重量』を軽くすることができます。またクッション性が高ければ、お子さまのからだへの衝撃を軽減できます。そして、通気性のよい素材により、背中がムレることを防いで、快適にランドセルを使うことが可能です。

セイバンのランドセルのオリジナル”優しさ設計”をご紹介

お子さまの背負いやすさを実現するため、セイバンのランドセルには、こだわりの工夫を施しています。

背カン:「天使のはね」・「左右連動背カン」

背カン:「天使のはね」・「左右連動背カン」
天使のはねとは、肩ベルトを根本から立ち上げることで、ランドセルが背中の上部に密着し、『体感重量』が軽くなる機能です。背中の高い位置でランドセルを背負うことで、肩や背中にかかる負担が軽減でき、お子さまの快適さを実現しています。

セイバンの背カンは、安心の可動型!ただ動くだけでなく、左右が同じ角度で連動して動くため、重心を一定に保ってくれるセイバンオリジナルの背カンです。走っても、飛び跳ねても、安定した姿勢を保つことができます。

肩ベルト:「3D肩ベルト」・「ブレスレザー®」

肩ベルト:「3D肩ベルト」・「ブレスレザー®」
肩ベルトをわん曲させることでフィット感を高めた3D肩ベルトもこだわりの性能です。ベルト全体がお子さまのからだに沿うような構造をしていて、接触する面積も大きいので背負いごこち抜群!

さらに素材に、ブレスレザー®を使用したモデルも。ブレスレザー®は、吸湿と放湿を繰り返す特殊な合成皮革で、肌のムレを解消してくれる画期的な素材です。ムレによる不快感をなくしてくれるため、快適さが高まります。

背あて:「背中Wクッション」・「ブレスレザー®」

背あて:「背中Wクッション」・「ブレスレザー®」
さらに背負いやすさを高めるため、背あてに背中Wクッションを搭載したモデルも多数展開しています。背中に触れる部分の内部に、低反発・高反発素材を2層重ねることで、クッション性をUPさせました。クッション性だけでなく、接触面を広くすることにより高いフィット感も兼ね備えています。

クッション性、フィット感のほかに、もちろん通気性への配慮もなされています。セイバンのランドセル全てに搭載されている背中通気構造により、ムレを軽減します。

ランドセルの背負いやすさはお子さまのからだを守ってくれる! 安心設計を見抜こう

ランドセルの背負いやすさで注目すべき点や求められる性能をお届けしました。背負いやすいランドセルかどうかを見抜くために、背カン、肩ベルト、背あての3つのパーツをしっかりチェックしましょう!

お子さまのからだに優しく、負担から守ってくれる背負いやすいランドセルを選ぶのは基本中の基本。ランドセルの構造や素材の情報を確かめるだけでなく、実際にお子さまに背負って感じてもらうとさらに安心ですよ。