ランドセル用語集

知っているようで知らない、ランドセル各部分の名前を

1

カブセ
カブセとは、ランドセルのふたのことです。教科書類を雨などから守る役目を果たしています。

2

持ち手ハンドル
持ち手ハンドルとは、肩ベルトの付け根部分についた持ち手のことです。ロッカーなどから出し入れするときや、大人がランドセルを持ち運びするときには、ここを持つと持ち運びがしやすくなります。

3

ナスカン
ナスカンとは、ランドセルの側面に取り付けられたフックのことです。給食袋などをここにつけます。安全対策として、一定以上の荷重で外れる仕組みのものがあります。

4

マチ
マチとは、ランドセル本体の教科書などを収納するスペースのことです。
教科書などを入れるメインのスペースを「大マチ」、その手前にある小さなポケット状のスペースを「小マチ」と呼ぶこともあります。大マチ側面には、刺しゅうなどの装飾がほどこされる場合があります。

5

前ポケット
前ポケットとは、ランドセルのカブセを開けたところにあるポケットのことです。
ランドセルによっては、前ポケット正面に時間割などが入れられる透明ポケットがついているものや、刺しゅうなどの装飾がほどこされているものなどがあります。

6

鋲とは、カブセ部分につけられた金具のことです。飾りとして、それぞれのランドセルに特長的なものが使われることも多くあります。また、反射材を使い、安全面に配慮したものもあります。

7

吊りカン
吊りカンとは、ランドセルの背面上部についている、ランドセルをフックなどにかけることができる金具のことです。

8

背カン
背カンとは、肩ベルトとランドセル本体をつなぐジョイントパーツのこと。肩ベルトが肩にフィットするように、角度を調節する部分です。

9

肩ベルト
肩ベルトとは、ランドセルを背負うときに腕を通し、肩にかけるベルトのことです。

10

小ナスカン・Dカン(ハートカン)
小ナスカン、Dカンとは、肩ベルトなどにつけられた、ものを引っ掛けるための金具のことです。
ここには防犯ブザーなどを掛けます。

11

背あて
背あてとは、ランドセルを背負ったとき、背中にあたるクッション部分のことです。お子さまの背中に直接触れる大きな面であるため、クッション性の高さ、通気性の良さなどが求められます。

12

留め具(美錠)
美錠とは、肩ベルトと下ベルトをつなぐ金具のことです。美錠の金具を肩ベルトのどの穴に通すかで、ベルトの長さを調節することができます。

13

鋲前差込み
錠前差込みは、錠前を留める金具がついている部品です。カブセの下に取り付けられています。

14

ダルマカン
ダルマカンとは、下ベルトとランドセル本体をつなぐ金具のことです。丸い形をしていて、背負いやすいように回転する仕組みになっています。

15

鋲前(ワンタッチ・ジュラロック)
錠前とは、ランドセルのカブセと本体を留める金具のこと。以前は手で回して止めるものが主流でしたが、最近では、ワンタッチで閉まるものが増えています。
※2013年度モデル以降は左右どちらでも開錠できるリバース方式を採用。

16

下ベルト
下ベルトとは、ランドセルの底から出ているベルトのことです。これと、本体上部から伸びる肩ベルトを留め具(美錠)でつなぎ、一本のベルトにして背負います。