ランドセルって雨に濡れたらお手入れが必要なの?
雨の季節になると気になるのが、ランドセルのお手入れ方法。「人工皮革のランドセルは雨に濡れても大丈夫なの?」「本革のランドセルは雨に濡れたらお手入れが必要?」など心配ごとが多いかもしれません。

今回は、セイバンのランドセルで使われているはっ水加工された素材についてと、6年間安心して使っていただくために行っている徹底した品質チェックについてご紹介します。

水に濡れてもサッと拭くだけ!はっ水加工でお手入れラクチン!

はっ水効果を高めたセイバンのオリジナル素材

ひと昔前のランドセルは水に濡れることでひび割れることもあったので、雨に濡れた際のお手入れはとても大変でした。
しかし、技術が進歩した最近のランドセルは、はっ水性のある高品質の素材を使ったり、雨が入りにくい構造になっていたりと、あらかじめ水濡れからランドセルをしっかりと守る工夫がされています。
 
セイバンのモデルロイヤルシリーズなど多くのモデルで採用している「アンジュエール グロス」は、ツヤのある表面仕上げにプラスして、はっ水効果を高めたセイバンのオリジナル素材。
 
「モデルロイヤル クラシック」などに使われているのは、高いはっ水性を持ちつつも高級感のある表面仕上げで美しい見た目と機能性を両立しているクラリーノ®エフ 「レインガード®Fα」。
「軽さ」・「耐久性」・「デザイン性」を損なうことなく、はっ水効果の高い素材を使ったランドセルが揃っています。

セイバンでは本革にもはっ水加工

セイバンでは「天然皮革(本革)」ランドセルの素材にも、はっ水加工をしています。
セイバンの「HOMARE」シリーズなどで使用している牛革やコードバンにもはっ水加工をほどこしており、天然素材ならではの上質感はそのままに、水濡れの心配なく安心してお使いいただけます。
 
なお、水濡れには強くなっておりますが、長くきれいな状態でお使いいただくためには、なるべく早く乾いた布で水分を拭き取り、ゆっくり陰干しで乾かすようにしてください。

はっ水加工は、6年間ちゃんともつの?

「はっ水加工」をしていると言っても、本当にランドセルは6年間大丈夫なのか気になりますよね。
セイバンでは6年間変わらぬ性能を維持するランドセル作りを目指しており、安全性や耐久性を証明するさまざまな品質チェックを行っています。
 
その1つが「ジャングル試験」と呼ばれるものです。
これは、室温70度、湿度95%の環境下にランドセルを6週間置き、6年分の劣化を再現した劣化促進試験です。
 
この実験では、強烈な熱さと湿度の元で6週間放置した結果、ランドセルに亀裂や破損は一切認められませんでした。

「ジャングル試験」の詳細はこちら

もう1つは、雨による水の染み込みをチェックする「人工降雨試験」です。
 
試料(刺しゅうの入ったランドセル)を背負わせたトルソーを試験台に取付け、人工降雨装置により、ランドセル試料の上部130cmから20±2mm/hの降雨量(ザーザーと降るやや強い雨)で30分間降雨させ、試料内部への浸水具合を確認するもの。
試験の結果、ランドセルの中に水の染み込みは見られませんでした。
 
通常のランドセル使用環境ではありえない過酷な条件下での実験結果ですので、6年間安心して使えることがおわかりいただけるかと思います。

「徹底した品質チェック」の詳細はこちら

レインカバーを付けるなら、さらに安心

ランドセル自体は雨に強くても、もしもゲリラ豪雨にあったりして隙間から雨が入って「万が一でも教科書が濡れてしまったら・・・」と心配な方には、+αで安心をサポートする「レインカバー」があります。
 
セイバンの「レインカバー」はランドセルをすっぽりと覆って雨濡れから守ります。装着しても反射材が付いているので夜道でも安心!
ランドセル本体をさらに手厚く守ることができ、たとえば傘をさすのが嫌いなお子さまでもママは安心して送り出せますね。
 
なお、「ランドセルカバー」はキズや汚れからランドセルを守るためのものなので、雨対策の防水効果はありません。通常「ランドセルカバー」をつけられる場合でも、雨の日は「レインカバー」につけかえてあげてください。

レインカバーなどオプション品の詳細はこちら

いかがでしたか?

雨は大敵と思われていた時代は去り、加工技術が発達した今は人工皮革も天然皮革(本革)も水に強い仕様へと進化しています。
それに伴いお手入れ方法も格段にラクになりましたので、雨濡れを心配し過ぎることなく、お気に入りのランドセルをお選びくださいね。