男の子ランドセルの定番であるブラック(黒)。セイバンの男の子ランドセルでは、ブラック(黒)のランドセルが約7割の方に選ばれています。
ブラック(黒)のモデルにもいろいろな種類があり、セイバンの男の子用ランドセルは刺しゅうやステッチ、細部のパーツ、素材などモデルごとにもさまざまな特徴があります。
セイバンでは、2018年度向けに男の子用ランドセルを17モデルご用意。かっこいいモチーフを使用した、元気な男の子にふさわしいモデルが勢揃いです。

セイバンランドセルの王道「モデルロイヤル」シリーズ

シンプルな中に個性が光るデザインで人気の「モデルロイヤル」シリーズは、背負いやすい機能はもちろんのこと、細部にほどこした高いデザイン性にもご注目ください。
カラーに合わせて、高級感のあるゴールドや、レッド、マリンブルーのステッチで変化を与えて個性を演出しています。
人気ランキングでも上位にランクインする「モデルロイヤル ベーシック」は、クールでハンサムなジェントルマン仕様。ブラック(黒)に映えるタキシードパンツをイメージしたラインや、ライオンをモチーフにしたパーツなど、スマートなシルエットの中に高級感が漂うおすすめのランドセルです。
モデルロイヤル トラッド」は、トラディショナルな英国スタイルをイメージしたランドセル。ライオンをモチーフにしたエンブレムや飾り刺しゅうが、シックな雰囲気を演出して品のある仕上がりに。刺しゅうやパイピングにアクセントカラーを使用した、個性的でありながらも品のある雰囲気に仕上がっています。

高級感あふれる「モデルロイヤル・レジオ」シリーズ

モデルロイヤル・レジオ」シリーズはセイバンのブラック(黒)の中でも、最上級の品格が漂うシックなランドセル。
オーソドックスでありながら、洗練された落ち着きが魅力の「モデルロイヤル・レジオ ベーシック」にも、威風堂々とした王の品格を感じさせるデザインがほどこされています。王様を象徴する紋章の刺しゅうや、前ポケットに入った端正な2本針ステッチでドレッシーさを演出しています。
セイバンの最上級モデルである「モデルロイヤル・レジオ ノーブル」は、カブセ部分などに牛革を使用した品質と品格を兼ね備えたおすすめのランドセル。パーツをアンティークゴールドに統一しながら、サイド部分に盛り加工をほどこすなど伝統的で力強いイメージのデザインに仕上がっています。
クラシカルでシンプルなデザインなら、「天使のはね クラシック」も人気です。
刺しゅうなどをほどこさず、シンプルなデザインで統一。サイドには伝統的な「イチョウ盛り」をほどこしたり、ランドセルの内側もシックなデザインです。

スポーティなブラック(黒)が好きなら「プーマ」シリーズ、カジュアル好きなら「コンバース」シリーズ

スポーツブランド「プーマ」や、カジュアルブランド「コンバース」のランドセルは、他のブラック(黒) のランドセルとは違う魅力がいっぱい。
プーマ(百貨店モデル)」は、ランキングでも上位を占める人気のランドセル。キャットロゴをサイドに型押ししたり、スピード感のある流線型のステッチをほどこしたりと、スポーツブランドならではのスタイリッシュなデザインに仕上げました。
コンバース モノトーンボーイⅡ」は、世界中で愛されるスニーカー、オールスターをイメージしたランドセル。パッチロゴをシリコンワッペンにしてあしらったり、サイドにはオールスターのロゴを立体的に刺しゅうするなど、時代に左右されないオールスターの世界観を表現しています。

素材の違いにも注目したい「ワンパ」シリーズ「HOMARE」シリーズ

素材にもそれぞれ特徴があるのが、セイバンのブラック(黒)のランドセル。
それでは、2つのモデルでその違いを見てみましょう!
ヒーローのカッコ良さと力強さをイメージした「ワンパ イーグル」は、ハードなキズに強くて丈夫な素材「クラリーノ® タフロック® ペレアス®」を採用。ランドセルの中でも傷みやすい2箇所の角部分は「コーナーガード」でしっかりと補強しています。また、ランドセル表面のはっ水性がアップしているので、雨の日も安心です。
セイバンランドセルの中にも、本革を使用したモデルがあります。
HOMARE プレミアムレザー」は、上質な牛革を使用したシンプルなデザイン。「HOMARE アンティークコードバン」は牛革の2~3倍の強度を持つ高級革コードバンを使用した希少性の高いモデルです。
※2018年度「HOMARE プレミアムレザー」「HOMARE アンティークコードバン」は、完売しました。

ブラック(黒)ランドセルの違いを感じていただけましたか?

ステッチ、マチ部分、鋲、素材・・・と、細部のデザインにまでこだわって作られているのが、セイバンのランドセルです。それぞれのブラック(黒)の違いを感じていただけましたでしょうか?
今回、取り上げた部分はほんの一部。他にも、まだまだ違いはご覧いただけます。
ぜひじっくり、ご覧になって、お気に入りのランドセルを選んでくださいね!