ランドセル作りの原点は「子ども想い品質」

お子さまのからだへの負担を減らしながら、6年間丈夫で安心して使えるように、セイバンが大切にしているのは「子ども想い品質」であること。そのこだわりが、もの作りの原点となっています。

セイバン 生産本部長 樫谷 一弘

喜びと感動を与えるため、品質にこだわります

「ランドセルは、単に教科書を入れるだけのものではなく、お子さまたちとご家族に喜びと感動を与えられるものでないといけません。6年間ほぼ毎日使い続けていただくランドセルは、ある意味、特殊なカバン。だからこそ、品質がとても大切だと考えています。セイバンの考える品質というのは、実際にランドセルを背負うお子さまたちへのからだの負担が少なく、6年間丈夫で安心して使えるということ。つまり一番大切にしているのが“子ども想い品質”ということなのです」

その1 「とにかく軽い」ではなく、からだにピッタリ軽く感じること

「ランドセルは重そうだけど、うちの子に背負えるのかしら・・・」という不安から、とにかく軽いランドセルが良いのでは、と思われがちですが決してそうではありません。お子さまのからだへの負担を減らすためには、軽さだけではなく、ぴったりフィットして軽く感じるランドセルを選ぶことが大切になります。
セイバンでは、「天使のはね」をはじめとする軽く感じる機能にこだわり、入学当初から快適に背負えるランドセルづくりを心がけています。

軽く感じる「天使のはね」

その2 わんぱくな扱いでも安心できる丈夫さ

約2倍の強度! サイド部分の上から約50kgの圧力をかけたときの比較

ランドセルを背負ったまま壁にもたれたり、お友だちと遊んでいてランドセルを踏んでしまったり。元気なお子さまにとっては、とても自然なシチュエーションです。
セイバンの考える丈夫さは、6年間のさまざまな状況にしっかりと耐えられるもの。たとえ踏んでしまっても型崩れしないように「タフかるプレート」をベースに芯材を二重構造にして補強したり、取り出し口に変形防止のパーツの「スタイルキーパー」を内蔵するなど、6年間安心できる丈夫さにこだわり続けています。

6年間をしっかり支える子ども想い機能

その3 お子さまのからだへの負担を軽くする工夫

ひねピタ ぴたっこ

「ランドセルを背負いながら走ったりすると、下ベルトの留め具が痛いことがある」。そんなご意見から誕生したのが、「ひねピタ」や「ぴたっこ」です。
金具や下ベルトにひねりを加えることで、お子さまのからだへの負担を少なくすることができる。どんな小さなパーツでも改善・進化させていく姿勢は、セイバンのものづくりの原点が「子ども想い」にあるからです。

背負いやすさの機能

その4 防犯面をきちんと考えた機能性

ご両親が共働きをされている場合も多く、1人でお留守番をするお子さまも増えました。そこで、セイバンのランドセルには、前ポケットの内側に「カギ引っかけフック」を付けています。ポケットの中にフックがあるので紛失しにくく、カギを持ち歩いていることがわからないので防犯面でも安心です。また、「防犯ブザー用フック」が左右の肩ベルトにあることで、とっさの時につかみやすく便利です。

お子さまの安全を守る機能

その5 お子さまを守るための“はずれる機能”

フックが外れて安心!

給食袋などを引っかけるフックは、さまざまなシチュエーションを想定して進化してきました。セイバンのランドセルに使われている「セパレート式安全フック」は、車や自転車による引きずり事故を防ぐために、強い力で引っ張られると自動的にはずれ、再度取り付けられる仕組みになっています。お子さまの6年間の安全を考えながら何度も検証・実験を行い完成したこだわりの機能です。

お子さまの安全を守る機能

その6 機械だけに頼らない作り手の心

セイバンでは、日本の職人たちがミシンを使ってランドセルを作っているわけですが、どうしても職人の手仕事が必要な場合があります。例えば、下ベルトの一番下の付け根。本来は美錠とベルトを1つの鋲で止めますが、それではクルッと回転してしまって使いにくくなってしまう。そこで、専門の職人が結合部分を手縫いして固定させています。本当に細かい部分ですが、この部分に関しては今のところ職人の手に勝る機械はありません。それでも、丈夫で使いやすいランドセルを作るためには、欠かせない作業なのです。

日本製と職人の手仕事

セイバンのランドレスが選ばれる理由をCheck!