セイバンは『子ども想い品質』

お子さまたちのからだへの負担を減らしながら6年間、丈夫で安心して使えるようにセイバンは「子ども想い品質」を大切にしています。

喜びと感動を与えるため、品質にこだわります

「ランドセルは、単に教科書を入れるだけのものではなく、お子さまたちとご家族に喜びと感動を与えられるものでないといけないんです」と話すのは、セイバンのランドセルの生産現場を取り仕切る生産本部長・樫谷一弘。 「6年間ほぼ毎日使い続けていただくランドセルは、ある意味特殊なカバンですよね。だからこそ、品質がとても大切だと考えています。セイバンの考える品質というのは、実際にランドセルを背負うお子さまたちへのからだの負担が少なく、6年間丈夫で安心して使えるということ。つまり一番大切にしているのが“子ども想い品質”ということなんです」

しっかりと支えられているから機能する「天使のはね」

お子さまたちへのからだの負担を減らすための機能として、一番に挙げられるのが「天使のはね」です。肩ベルトに「天使のはね」が内蔵していることでフィット感が高まり、ランドセルが“軽く感じる”わけですが、その効果は「天使のはね」だけで実現しているわけではありません。

「体感重量を軽くするためには、天使のはねを始めさまざまなパーツの機能が必要になります。肩ベルトの付け根にある“背カン”もその1つ。背カンには、ランドセルを背中と平行に保つ役目があるのですが、非常に力が加わる部分なので丈夫さが求められます。当初は、樹脂パーツということもあり破損の可能性があったのですが、何度も何度も改良を重ねた結果、破損事例がなくなるまで丈夫さを追求することができました。6年間、機能をしっかりと維持するためには丈夫であることが何よりも大切。だからこそ、見えない部分にもこだわっています」

ランドセルの形を守る“見えない補強”

押したり、つぶされたりする可能性があるランドセルの取り出し口。ここにも、丈夫にするための見えないこだわりがあります。
「教科書などを取り出すランドセルの口の部分には、スーパーフィットという樹脂パーツが内蔵されているので横から押しても形が戻るようになっています。さらに補強するために口の周囲にはピアノ線も入っているんです。あとは、ランドセルを背負ったお子さまが壁にもたれたり、上から物を乗せたりする場合もあるので、マチの補強も徹底していますね。上からの力でマチが折れてしまわないように実は芯材を2枚にして補強しているんです」

手縫いだからこそ実現できる丈夫さ

子ども想い品質

セイバンは戦後間もない頃から、日本製にこだわりランドセルを作り続けてきました。その職人たちの技もしっかりと子ども想い品質を支えています。「現在では、さまざまなミシンを使ってランドセルを作っているわけですが、どうしても職人の手仕事が必要な部分があります。例えば、下ベルトの一番下の付け根。本来は美錠とベルトを1つの鋲で止めるものなんですが、それではクルッと回転してしまったり動いてしまうことがある。そこで、結合部分を手縫いして動かないようにしています。本当に細かい部分なんですが、今のところ職人の手に勝る機械はないんです。でも、丈夫で使いやすいランドセルを作るためには、欠かせない作業だと思っています」

お子さまたちのからだへの負担を減らすためには、極力軽いランドセルが良いと思われがちですが、決してそうではありません。なぜなら、軽さだけではなく、サイズや容量、耐久性とのバランスの良いランドセルが一番お子さまへの負担が少なくなるからです。軽く感じて背負いやすく、6年間丈夫に使っていただけるランドセルであることが一番大切です。 これからもセイバンは、見えない部分にもとことんこだわって、

「子ども想い品質」のランドセルを作り続けていきます。