時代が変わろうとも
セイバンはずっと
「メイド・イン・ジャパン」

セイバンのランドセルは、すべて日本の工場で作られています。
多くのモノが海外の大規模工場で、効率的に、低コストで生産されている現在、なぜ国内生産にこだわるのか。
その理由は、セイバンの工場でランドセルを作る「職人」の存在にあります。
セイバンのランドセルづくりと職人について、お話しましょう。

Made in JAPAN

日本の職人がいなければ
高品質なランドセルは作れない
セイバンのランドセル作りには、「人」が欠かせません。
生地の裁断、縫製、ステッチ、最後の仕上げにいたるまで、すべての工程に熟練した職人の目と手が必要です。
海外のオートメーション工場で作ったほうが、同じ品質のものがより安価に、大量に作れるのではないか。そう思うかもしれません。
しかし、セイバンが子どもたちに届けたい「背負いやすくからだに負担がかかりにくいランドセル」を安定した品質で作るには、日本の職人が持つ「細部までこだわる根気」と、長年培われた「ものづくりの技」がなければ対応しきれないのです。
日本の職人がいなければ高品質なランドセルはつくれない
セイバンのランドセル作りを支える「職人」
セイバンのランドセル作りを
支える「職人」
たとえば、ランドセルの素材である人工皮革は、湿度や温度によって微妙に伸び方が変わります。このような変化に対応できるのは、職人だけです。職人の手仕事があるからこそ、品質のバラつきなく、温かみあるランドセルができるのです。
セイバンの工場に入ってきたスタッフは、ランドセル作りのほとんどすべての工程を経験します。新人のころは、製品として出せるレベルのものはなかなかできません。先輩の技術を学び、休憩時間を返上して練習し、たくさんの時間をかけ…。そうやって、ランドセルを知り尽くした「職人」に成長していきます。
よりよいランドセルを作り続ける最善の方法。それは、国内の工場で、職人同士が密にコミュニケーションをとり、協力し合っていくこと。私たちはそう考えています。
お子さまの笑顔のために、
という想い
「仕事がら、ついついランドセルに目がいってしまう。工場近くの通学路を楽しそうに登下校する小学生たちの姿に、いつも癒されています」
ある職人がふともらした一言です。
アイディアを出し合う時などには、意見が食い違うこともあります。ですが、みな「子どもが大好き!子どものからだに負担をかけないランドセルを作りたい!」という共通の想いを持っています。この気持ちがあるからこそ、私たちは一丸となってよりよいランドセル作りをめざすことができるのです。
お子さまに対する想いと、職人の技術を次世代につなげるためにも、私たちは、これからも、国内でランドセル作りを続けていこうと思います。
子どもの笑顔のために、という想い