男の子・女の子で人気のランドセルカバーは?  ランドセルカバーの正しい選び方
ひと昔前とくらべて、ランドセル自体の耐久性やはっ水性は高くなっているものの、6年間キレイなまま使ってほしいというママの思いから、ランドセルカバーを使うお子さまが増えています。
そこで今回は、ランドセルの使用実態や、人気のランドセルカバーや正しい選び方、ランドセルカバーの取り付け方までご紹介します!
【調査概要】
調査期間:2017年2月
調査対象:小学校1年生~6年生までのお子さまがいる、全国各地に居住するママ100人
調査方法:インターネット調査

ランドセルカバーを使っている?使っていない?

ランドセルカバーを使っている?使っていない?
ランドセルカバーの使用実態を、先輩ママにアンケートしてみたところ、ほぼ半数の方が使っているという結果になりました。

少し前まではランドセルカバーをつけているお子さまはあまり見かけませんでしたが、ここ数年で急激に増えたようです。アンケートでも低学年の使用が圧倒的でした。
オシャレでかわいいデザインも続々と登場していますし、ランドセルカバーブームがやってきているのかもしれませんね。
それでは次に、使っている派の方が購入した理由を見ていきましょう。

ランドセルカバーって必要なものなの?

ランドセルカバーって必要なものなの?
ランドセルカバーの購入を検討していても、本当に必要なのか迷っているご家族もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、実際にランドセルカバーを購入された先輩ママの意見をご紹介します。

「ランドセルは防水されているとのことですが、雨だと傷まないか心配で購入しました」
「(6年間)キレイに使って欲しいので必要かなと思いました」

キズ・汚れ・水濡れ防止のために購入したという意見が一番多くありました。
ランドセル自体の耐久性やはっ水性は高くなっているものの、6年間キレイなまま使って欲しいと思うご家族が多いようです。
 
実際にランドセルカバーを使ってみた感想としては

「4年生までランドセルカバーをつけていて、現在5年生になり外して通学していますが、4年間使ったとは思えないくらいキレイだと思います」
「3年生から5年生までカバーをつけていたので、6年生になった今もランドセルはキレイです」

と、ランドセルカバーのおかげでキズや汚れのないキレイな状態が保てていると、満足度は高い様子。
さらに女の子のママからは

「洋服と同じようにファッション感覚で使えるよう数枚持っています。女の子なのでかわいいものが大好きで、気分によって変えています」

という意見もあり、よりお気に入りのランドセルにするためのファッションアイテムとして、かわいいランドセルカバーを購入しているようです。

女の子・男の子で人気のランドセルカバーは?

女の子・男の子で人気のランドセルカバーは?
ランドセルカバーにもさまざまな種類がありますが、女の子・男の子ともにランドセルのデザインを生かせるクリア(透明)素材が人気です。また、クリア素材にデザインが入ったタイプも人気があり、おすすめです。

デザインが入ったタイプで女の子に人気があるランドセルカバーは「クリアリボンレース」(左)。素材は透明(クリア)ですが、リボンやハートがデザインされていて、ランドセルをキズから守るだけでなく、おしゃれにしてくれるところがポイントです。
男の子に人気のデザイン入りランドセルカバーは「クリアエンブレム」(右)。こちらも素材は透明(クリア)で、エンブレムのデザインが、ランドセルの雰囲気にぴったり合っていておしゃれです。

正しいランドセルカバーの選び方

正しいランドセルカバーの選び方

1. サイズをチェック

ランドセルカバーを選ぶ際に一番注意したいのは、サイズです。ランドセルのカブセに装着するものなので、カブセの形状やサイズ(A4フラットファイル対応など)をしっかり確認する必要があります。例えば、セイバンのランドセルであれば、女の子ランドセルの「ラブピ」シリーズは、カブセがラウンド型とスクエア型がありますのでしっかり確認する必要があります。

2. デザインをチェック

デザインの入ったランドセルカバーを選ぶ際は、ランドセルのカラーやデザインとマッチしているかをしっかり検討してから購入するようにしましょう。
ランドセルカバー自体に反射材を搭載したものや布製の手づくりランドセルカバーなども売られていますので、お子さまと相談して、お気に入りのものを付けてあげてください。
また、学校で1年生には安全のために黄色いランドセルカバーを配布されるところもありますので、ご自分で用意される前に、学校や地域のルールを確認しておかれるといいですね。

3. 素材をチェック

そして、素材(とくに裏地)についてご確認ください。
ランドセルカバーの素材がPVC(ビニール)素材の場合、つけっぱなしにしているとランドセルとカバーの貼り付きなどが発生することがありますので、付けっぱなしにせずに、定期的にお手入れしてください。とくに濡れた場合には、水分をふき取り、しっかり乾かした後でランドセルに再度お取り付けください。
なお、ランドセルの素材が本革の場合、ビニール製のカバーを付けることで素材を傷めてしまったり、カビが生えやすくなることがありますので、使用はおすすめしておりません。
セイバンのランドセルに使用している本革素材ははっ水加工をしておりますので、そのままでも安心してお使いいただけます。
素材に関わらず、カバーを付けると通気性が悪くなるので、お手入れはしっかりしてあげてくださいね。 

ランドセルカバーの付け方解説

ランドセルカバーの付け方解説
ランドセルカバーは、お子さまがご自分で簡単に取り付けることができます。 

①ランドセルカバー下にある穴に、カブセの先を通します。
②ランドセルカバー上部に付いているマジックテープ付きのヒモで、カブセに固定します。
③ランドセルカバーの先端に付いているヒモを、ランドセルの金具に結びつければ完成です。

 
詳しくはこちらの動画を参照ください。

雨の日は、念のためにレインカバーにつけかえましょう

ランドセルカバーはキズや汚れからランドセルを守るためのものですので、雨対策の防水効果はありません。また、ランドセル自体は雨に強くても、もしもゲリラ豪雨にあったりして隙間から雨が入って「万が一でも教科書が濡れてしまったら・・・」と心配な方には、+αで安心をサポートするレインカバーがあります。通常「ランドセルカバー」をつけられる場合でも、雨の日はレインカバーにつけかえてあげるのをおすすめします。

ランドセルカバーの選び方の参考になりましたか?

人気のランドセルカバーや正しい選び方、ランドセルカバーの付け方などをご紹介しました。
「キズや汚れのない状態を保つことができる」など先輩ママたちの意見も参考にしながら、ランドセルカバー選びの参考にしてください。