先輩ママに聞いた!ランドセルカバーは必要?選び方とお手入れ方法
ランドセルを汚れやキズから守ってくれるランドセルカバー。実際の使用感などを小学生のお子さまがいるママに調査!その結果と、ランドセルカバーはそもそも必要なのか、また購入すると決めた場合の選び方や使い方、お手入れ方法までご紹介します!

■ランドセルカバーを使っている?いない?アンケート調査結果

まずはママ100人に行ったアンケート調査から、ランドセルカバーを使用しているお子さまがどのくらいいるのか、チェックしてみましょう。
【調査概要】
調査期間:2017年2月
調査対象:小学校1年生から6年生までのお子さまがいる、全国各地に居住するママ100人
調査方法:インターネット調査
調査内容:ランドセルカバーを使っている?使っていない?
ランドセルカバーを使っている?使っていない?
このように、約半数がランドセルカバーを使っているという結果になりました!ひと昔前までは、あまりランドセルカバーを見かけませんでしたが、近年では使用者が増えているようですね。 nav_02

■ランドセルカバーを使ってみた!ママの口コミ

では実際にランドセルカバーを使った感想についても見てみましょう!

「4年生までランドセルカバーを付けていて、現在5年生になり外して通学していますが、4年間使ったとは思えないくらいキレイだと思います」

「3年生から5年生までカバーを付けていたので、6年生になった今もランドセルはキレイです」

「キレイにランドセルを使う」という多くの方が願う目的もランドセルカバーなら叶えられますね!ランドセルカバーを使用しているお子さまのランドセルは卒業してもピカピカなことが多いです。6年間ピカピカなランドセルを使えるのは嬉しいですね。 nav_03

また、女の子のママからはこんな意見も!

「洋服と同じようにファッション感覚で使えるように数枚持っています。女の子なのでかわいいものが大好きで、気分によって変えています」

最近のお子さまはとってもオシャレ!ランドセルカバーであれば気軽にオシャレが楽しめますね♪ nav_04

■ランドセルカバーは必要?ランドセルカバーのメリット

ママの口コミからランドセルカバーの魅力は十分につかめたかと思います。では、具体的にはどのようなメリットがあるのか詳しく見てみましょう。 nav_05

キズや汚れからランドセルを守ってくれる

毎日使うランドセルだから、どうしても汚れやキズが付いてしまいがち。ランドセルカバーは汚れやキズが付くのを防いでくれます。 nav_06

ランドセルをさらにオシャレにしてくれる

無地、透明タイプやワンポイントマークが付いているもの、柄物など多くのデザインのランドセルカバーがあります。カバーでランドセルをオシャレにすることができます。 nav_07

防犯、交通安全に役立つ

目立つ色のランドセルカバーを付けていれば、周りの人や車から見つけやすく、防犯・交通安全対策にもなります。自転車や車のライトに反射するテープ付きのランドセルカバーもありますよ。 nav_08

■ランドセルカバーは必要?ランドセルカバーのデメリット

ランドセルカバーがランドセルにとって重要な存在だということが分かりましたね。では、デメリットはあるのでしょうか。ランドセルカバーを使用する前に確認しておくべき2つをご紹介します。 nav_09

素材によってはランドセルのデザインが活きない

ランドセルカバーは、ランドセルの表面を覆うので、せっかく選んだデザインが見えなくなることを気にされる方もいらっしゃいますよね。ランドセルのデザインは活かしつつキレイに保ちたいという方には、透明タイプのランドセルカバーがオススメです。 nav_10

お手入れが必要

ランドセルカバーを長期間付けっぱなしにしたり、濡れたまま放置したりしてしまうと、ランドセルが傷んでしまうことがあります。きれいに使い続けるためにも、定期的に外してあげてくださいね。


ランドセルカバーを付けることにはメリットだけではなくデメリットもありますが、しっかり選んで、定期的にお手入れしてあげることで解消できますよ。

ただし、ランドセルカバーには防水機能がありませんので、突然の大雨など悪天候の時には、ランドセル全体をすっぽり包むレインカバーをご利用くださいね。 nav_11

■ランドセルカバーの選び方3つのチェックポイント

正しいランドセルカバーの選び方
ランドセルカバーにはさまざまな種類があり、どれを買ったらいいのか、どう選んだらいいのか戸惑うことがあるかもしれません。ランドセルカバーは、3つのポイントをチェックすればスムーズに選ぶことができます!

1. サイズ
2. デザイン
3. 素材

1.サイズをチェック

ランドセルカバー選びで一番注意しなければならないのが、サイズの確認です。ランドセルカバーは、一般的にはランドセルのカブセ部分に装着するものです。必ず、ランドセルのカブセの形状やサイズ(A4フラットファイル対応など)をしっかり確認しておきましょう。たとえば、セイバンのラウンド型のラブピの場合、通常のA4サイズカバーでは対応していません。 nav_13

2. デザインをチェック

ランドセルカバーには、無地、ワンポイントデザイン、総柄などさまざまなデザインがあります。お持ちのランドセルのカラーやデザインとマッチしているか、確認してから購入しましょう。ランドセル自体のデザインを邪魔することのない透明タイプのものもあるので、お子さまと相談して、お気に入りのカバーを見つけましょう! nav_14

3. 素材をチェック

ランドセルカバー選びで見落とされがちなのが、素材の確認です。素材によって特徴が異なるため、必ずカバーの素材、特に裏地素材は必ず確認しましょう。

綿100%のPVC(ポリ塩化ビニール)加工されたもの、ポリエステル製のものは丈夫で、裏地にPVCが使われているものも、破れにくいです。できるだけ丈夫なカバーを購入したいですよね。ただし、カブセの素材との相性によっては、生地が張り付くことがありますので、事前にランドセルカバーの注意文言をチェックしておきましょう。

一番注意が必要なのが、本革のランドセルを使っている場合!ビニール製のカバーを付けっぱなしにすると、カビが生えやすくなることがあります。本革のランドセルにカバーを使用される場合は、通気性を保つためにこまめに外してお手入れしてください。nav_15

■女の子、男の子に人気のランドセルカバー

具体的にどのようなランドセルカバーが選ばれているか、人気のランドセルカバーを見てみましょう。

男の子・女の子ともに人気があるのは、透明(クリア)タイプのランドセルカバーです。カバーを装着してもランドセルのデザインを活かせるのがポイント!透明(クリア)タイプの中でも、さりげなくオシャレなデザインが施されているものに注目です! nav_16

女の子に人気のあるランドセルカバー、「クリアリボンレース」

女の子に人気のあるランドセルカバー、「クリアリボンレース」
透明(クリア)タイプにリボンやハートがデザインされていて、ランドセルを守りながらオシャレにしてくれる、そんなアイテムです。 nav_17

男の子に人気のあるランドセルカバー、「クリアエンブレム」

男の子に人気のあるランドセルカバー、「クリアエンブレム」
こちらも透明(クリア)タイプで、エンブレムのデザインが入ったものです。男の子に多い暗い色のランドセルに、エンブレムのデザインがぴったり!

これらの商品は、セイバンの公式オンラインストアで購入が可能です。
セイバンのランドセルカバーを詳しく見る
nav_18

■ランドセルカバーの正しい取り付け方

お気に入りのランドセルカバーをゲットできたら早速装着してみましょう。取り付け方はいたって簡単です。こちらでは紐で止めるタイプの例をご紹介します。
1.ランドセルカバー下にある穴に、カブセの先を通します。
2.ランドセルカバー上部に付いているマジックテープ付きのひもを使って、カブセに固定します。
3.ランドセルカバーの先端に付いているひもを、ランドセルの金具に結び付ければ、完成です。

通して、縛るだけなので、ひもを結べるようになったお子さまなら自分で取り外しができますね。 nav_19

■ランドセルカバーの正しいお手入れ方法

さまざまなメリットがあるランドセルカバー。先ほどもご紹介した通り、簡単なお手入れをする必要があります。ランドセルもお手入れをしたほうが6年間きれいに使えますので、あわせて行ってくださいね!

1. 定期的にカバーを取り外す
2. 雨の日はレインカバーに付け替えるのがオススメ
3. ランドセルカバーは清潔に

1.定期的にカバーを取り外す

ランドセルをキズや汚れから守ってくれるランドセルカバーですが、長期間の付けっぱなしは危険。ランドセルの表面とカバーが貼り付いてしまい、ランドセルを傷めてしまうことがあります。お休みの日は外しておくことがオススメです。

また、濡れてしまった場合は、取り外して水分を拭き取り、しっかり乾かしてから取り付けましょう。 nav_21

2.雨の日はレインカバーに付け替えるのがオススメ

レインカバー
普段使い用の多くのランドセルカバーは、防水ではないので、大雨の日にランドセルの隙間から雨が入って中身が濡れてしまわないかと心配なママもいらっしゃるかもしれません。

はっ水加工されているレインカバーも販売されているので、雨の日用に持っておくと安心です。 nav_22

3.ランドセルカバーは清潔に

ビニール製のランドセルカバーは、水か中性洗剤を含ませた布で汚れを拭き取り、乾拭きして日陰で乾かします。ナイロンや布のランドセルカバーは、しわが付きやすいので手で押し洗いし、乾かします。

製品によっては洗濯機で丸洗いできるものもあるので、製品説明をよく読んでおきましょう。 nav_23

■ランドセルカバーを正しく使って、ランドセルをキレイなままに!

実際に購入したママの口コミは参考になりましたか?ランドセルカバーがあると、ランドセルをキズや汚れから守ってくれるだけでなく、よりオシャレにしてくれるなんて驚きですね。毎日の登校もランドセルカバーのおかげで少し楽しくなるかもしれません。

ランドセルがキズつく前に、ランドセルカバーをチェックしてみてはいかがでしょうか?