ランドセルにキーケースは危ない?子供の正しい鍵の持たせ方・NG例
最近では小学生のお子さまが鍵を持ち歩くのが一般的になり、キーケースの利用も増しています。しかし、まだまだ危ない気がして持たせることをためらうママもいらっしゃるのでは?そこでお子さまに鍵を持たせるうえでのルールや、危ない持たせ方をお届け!この機会に鍵の大切さについてお子さまと一緒に見つめ直してみてみましょう。

ランドセルにキーケースをつけるのって危なくない?

お子さまが小学生ともなると、「そろそろ仕事復帰かな」と働き始めるママも多くなります。そうなると、お子さまのお留守番デビューも同時に始まり出すのがこの時期。必然的におうちの鍵を持ち歩くようになります。しかし、鍵を持ち歩く以上、危険は隣り合わせ。不用意にランドセルにキーケースをつけることは危ない行為でもあります。目立たない場所につけるなどの対策を考えるうえで、大事なポイントを押さえておきましょう。

お子さまに鍵を持たせるうえでのルール3つ

鍵を失くさない対策はもうカンペキ!でも、それだけではお子さまが事件に巻き込まれてしまうリスクがまだあります。下校して、おうちのドアを閉めるまで油断は禁物です。ではどのような対策をすれば、安全におうちに帰れるのでしょうか?例として、3つご紹介します。

1. 外ではなるべく鍵・キーケースの存在を目立たせない
2. 鍵っ子とわかるような行動は避ける
3. おうちに帰ったら家族に知らせる、どこにいるかを共有する

1.外ではなるべく鍵・キーケースの存在を目立たせない

お子さまが鍵を持っているとわかった時点で危険に遭遇してしまうリスクが高まります。習慣付けのためにも、例え安全な学校の中だとしても鍵を出さないようにルールを設けておきましょう。

2. 鍵っ子とわかるような行動は避ける

まれに、ランドセルの肩ベルトのDカンにキーケースをつけたり、荷物から鍵につけたチェーンがプラプラと出てしまっていたりするお子さまがいます。「ここまでは見ていないだろう」などとは決して考えず、収納を徹底するなど鍵を持っていることが悟られないような行動を促しましょう。どこにしまうか親が決めてあげるのも良いかもしれません。

3. おうちに帰ったら家族に知らせる、どこにいるかを共有する

お子さまが無事に帰ってきたのかどうかが心配で勤務先で不安になって、仕事に集中できないという悩みもありますよね。そんなときには帰ったことを電話やメールでお子さまに知らせてもらうと良いでしょう。

ご家族の職種によっては電話が取れないときもあるかと思うので、「着信を入れるだけにする」などおうちに合ったルールを考えてみましょう。お子さまがどこにいるかを共有できるだけで、不安もぐっと減ることまちがいなしですよ。

これらを参考にご家族で防犯意識を高め、みんなが安心できるルールを作っておくと、思わぬ犯罪に巻き込まれる確率も減らすことができるでしょう!

やってしまいがちな、危ない鍵の持たせ方3選!

お子さまに鍵を持たせるうえで、ついやってしまいがちなNG例があります。思わぬケガや事故、事件につながることもあるので、要チェックです。

・鍵に紐を通して、首から下げる
・ランドセルに直接鍵を入れる
・おうちの住所がわかるものと一緒にしまっておく

危ない鍵の持たせ方①:鍵に紐を通して、首から下げる

「おうちの鍵を持たせるなら、失くさないように肌身離さず持っていてほしい!」大事なものだからこそ、ランドセルに入れておくよりもお子さま自身に持っていてもらう方が安心と思うママも多いかと思います。ですが、この方法だと遊んでいるときに紐が引っかかって首が絞まってしまったり、転倒した際に鍵が身体に刺さってしまったりと思わぬケガにつながる危険があります!

また、鍵を首から下げていることで誰が見ても留守番をすることがわかってしまい、犯罪に巻き込まれてしまうかもしれないので避けましょう。

危ない鍵の持たせ方②:ランドセルに直接鍵を入れる

ランドセルに直接鍵を入れる方法は、失くしてしまう可能性が高いので、おすすめできません。ランドセルを背負ったまま遊んだり、ランドセルを置いたりしたときなど、些細な行動からも鍵を落とす状況ができます。どうしてもランドセルに直接鍵を入れたい場合にはリール付きのキーホルダーをつけるなどし、落ちない工夫をしましょう。

危ない鍵の持たせ方③:おうちの住所がわかるものと一緒にしまっておく

迷子の防止などのために、ランドセルにお子さまの住所を記入したものを入れることがあるかと思います。しかし、鍵と住所を一緒にするのは絶対に避けましょう。万が一鍵を落としてしまった場合、おうちの場所がわかってしまい、空き巣や事件に巻き込まれる危険があります。

セイバンのランドセルならキーケースがなくても鍵の収納はバッチリ!

赤いランドセル
鍵の取り扱いで購入を検討するキーケースですが、セイバンのランドセルであれば必要ありません!全モデルにおうちの鍵を取り付けられる「かぎ引っかけフック」(キーフック)が付いているので、キーケースよりも安心してお子さまに鍵を預けられます。セイバンの「かぎ引っかけフック」のメリットをご紹介します。

メリット1:直接ランドセルに鍵をつなぐことで、失くす心配がなくなる

ランドセルにそのまま鍵をしまうのは紛失の恐れがあるので、避けたいところ。その点、セイバンのランドセルに付いている「かぎ引っかけフック」に鍵をつなげてしまえば、何かの拍子に落としてしまうことがなくなります。

メリット2:鍵を持っていることが目立たないので、周囲に知られない

ランドセルの内ポケットに鍵を収納することができ、目立たないため「鍵っ子」ということがわかりにくいです。下校時にも不審者から留守番をすることが悟られにくくなります。

鍵の大切さをお子さまと一緒に考えて、防犯意識を高めましょう!

お子さまに鍵を持たせるには落としたり、失くしたりという点も対策しつつ、犯罪に巻き込まれないような意識付けをすることが大切です。お子さまが一人になる時間が増えるととても心配な気持ちになってしまいますが、これも成長の第一歩!見守ることもご家族の大事な役目です。お子さまが安全におうちに帰れるように、おうちの方でサポート体制を整えておきましょう。