情報セキュリティ基本方針

セイバングループの情報セキュリティ基本方針

セイバングループ※(以下 「当グループ」)では、経営情報や技術・生産情報、お客さまの情報など、事業遂行過程で必要となるさまざまな情報を取り扱っています。
そのため、当グループは"情報"を重要な経営資源と位置付け、他の重要な経営資源(ヒト・モノ・カネ)のみならず、"情報"を適切に管理します。
そして、不適正な開示・漏洩・不当利用の防止など"情報"を適切に管理すべく、情報セキュリティを実践するため、ここに情報セキュリティ基本方針を策定し、推進します。

※株式会社セイバンおよびセイバンマーケティング株式会社

1. 情報セキュリティ体制

当グループは、情報セキュリティ管理責任者を任命するとともに、各組織に情報セキュリティの責任体制を敷き、所要な規程の策定と実施により適切な管理に取組みます。

2.  情報資産の保護

当グループは、情報資産の機密性、完全性及び可用性を確実に保護するために、組織的、技術的に適切な対策を講じます

3. 法令等の遵守

当グループは、情報セキュリティに関する法令、規則等を遵守します。

4. 教育、研修の実施

当グループは、経営者・従業員に対して、情報資産を脅威から保護することの重要性を十分に認識するように、必要な教育、研修を実施します。

5. 継続的な改善

当グループは、"情報セキュリティ基本方針"、および関連する諸規則や管理体制の評価と見直し、情報セキュリティ監査を定期的かつ必要に応じて実施し、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。