丈夫でしっかり、6年安⼼を叶えるために
「徹底した品質チェック・6年間修理保証」

セイバンでは、お子さまが卒業される6年間後まで安全・快適にランドセルをお使いいただけることを基準にした、厳しい品質基準をもうけ、国内でランドセルをおつくりしています。
さらに品質を向上させるため2020年には新工場を立ち上げて 「環境・品質への取り組み」を掲げ、2021年3月、ISO9001とISO14001の認証を取得しました。

chapter01

セイバンの品質づくり

セイバンではお子さまが使用されるランドセルが型崩れや劣化・破損を起こすことなく6年後も変わらない安全・安定の品質を保つため、30項目にわたる「品質基準書(第9版)」を設定し、品質試験をくり返し行っています。品質基準は、⽣地の丈夫さや色落ち、本体の耐圧、背カンの耐久性、錠前の安定、金属の耐食性、環境への配慮など、さまざまな項⽬にわたります。

新工場では、外部機関での検査に加え、自社内に外部機関同等の機材を導入した試験室をもうけ、より高い品質づくりに取り組んでいます。

JIS基準等に準拠した品質基準

表地の引張強さ、引裂強さ、撥水度、テーバー摩耗、背カンの取付強さ、メッキの耐食性、再帰反射輝度試験 等

すべてはお⼦さまの笑顔のために
取り組んでいます

chapter02

安全・安⼼を証明する
さまざまな試験・検査

人工降雨試験

試料を背負わせたトルソーを試験台に取付け、人工降雨装置により、ランドセル試料の上部130cmから20±2mm/hの降雨量(ザーザーと降るやや強い雨)で30分間降雨させ、試料内部への浸水具合を確認する。(刺繍モデル使用)
結果:ランドセルの中に水の染み込みは見られない

刺しゅう水漏れ試験

ランドセル側面の刺しゅう部分に1分間直接水を強くかけ、ランドセル内部への水の染み込みを試験。
結果:ランドセル内部に水の染み込みは見られない

chapter03

成長するからだにかかる負担を
軽くするために

圧力分布測定

からだにかかる重さが、いかにお子さまに負担をかけるか、それを明らかにするため、圧力測定を行ってみました。その結果、従来品は肩と脇に負担がかかってしまうのに対し、セイバンのランドセルは、肩と背中全体に荷重を分散することがデータで実証されました。
どこか一点に重さが集中すれば、その部分をかばおうと姿勢が崩れます。しかし、重さが分散していれば、長時間荷物を背負っても良い姿勢が保たれます。
重心を上げ、そのままの状態を維持する「天使のはね」は、お子さまのからだのことを考えた"荷重分散機能"なのです。