セイバンのランドセルといえば、体感重量を軽くして子どもたちの体への負担を軽減しする「天使のはね」で知られていますが、そのほかにもたくさんの機能があります。

そこで今回は、2017年度のランドセルから採用された新機能の数々をご紹介しますので、ランドセル選びの参考にしてください!
 

子どもたちの安全を追求した「新安全ナスカン」

ナスカンとは、ランドセルのマチ部分にある給食袋などをぶら下げるフックのこと。
セイバンのナスカンは、縦方向にも横方向にも強い力がかかると外れる仕組みになっていますが、「新安全ナスカン」ではフック部分だけが外れるようになって、より安全な仕様にバージョンアップしました!

ワンパに採用された「新規樹脂錠前シャトルロック」

ランドセルのカブセを締める時に使う錠前にも新機能が登場。
はめ合わせるだけで簡単にロックすることができる「新規樹脂錠前シャトルロック」。

ちょっぴりカタイ名前ですが、ワンプッシュで解錠ができて、軽くて耐久性も確保しており、わんぱくな男の子にぴったりな機能といえます。(※ワンパシリーズのみの機能です)
また、従来のワンタッチ・ジュラロックには、新しく抗菌タイプが誕生しました。
簡単に施錠ができる機能はそのままに、お子さまへの安心・安全を考慮した抗菌仕様です。
(※モデルロイヤル・レジオ ノーブル、モデルロイヤル・レジオ プリンセスのみの機能です)

軽く感じさせるために欠かせない「チルトプレートⅡ」

ランドセルに入れた教科書などがいつも背中側に倒れるようサポートする傾斜付きの底敷き「チルトプレート」は、体感重量を軽くさせるのに重要なパーツです。

バージョンアップした「チルトプレートⅡ」では、底面に粘着性ジェル(ポリウレタン)を使用して、ランドセルの中で動いたり落としたりしにくくなりました。また、粘着性ジェル部分は粘着性を落とさずに、すすぎ洗いで汚れを落とすことができます。
 

まとめ

いかがでしたか?
セイバンのランドセルは、お客さまからの声をしっかりと反映しながら、子どもたちが6年間安心して使えるようにさまざまな機能を進化させています。
パッと見ただけでは気付きにくい機能の進化ですが、セイバンのランドセルには欠かせないものばかり。

ぜひ、さまざまな機能を比較しながら、お気に入りのランドセルを見つけてくださいね!

セイバンランドセルの機能を詳しくCHECK!
機能紹介
選ばれる理由
セイバンのこだわり