小学校に入ると、本格的な学習がスタートします。そこで考えておきたいのが、お子さまの学習環境です。

リビングでのお勉強

小学校低学年のうちは、子ども部屋があってもリビングやダイニングのスペースで勉強することが多いようです。
小さいうちは、お父さま、お母さまに何でも見てほしいもの。そばでほめたり教えたりできるこの学習環境は、お子さまのやる気にもつながります。

しかし、デメリットもあります。それは姿勢の問題。
一般的なリビングやダイニングの机は、大人の体型に合わせて作られています。そのため、お子さまが長時間勉強すると疲れやすく、姿勢も悪くなってしまうのです。

学習机は負担が少ない!

お子さまの姿勢を考えると、やはり学習机がおすすめです。学習机は、お子さまの体格や成長にあわせて高さが調節できるので疲れにくく、集中力が長くので、勉強時間が長くなる傾向もあります。

しかし、子ども部屋で勉強するのは、小さいお子さまには不安なもの。お父さま、お母さまにとっても、一人で勉強するお子さまの様子が見えないのは心配なことだと思います。

”リビングに学習机”という選択

そんな方におすすめしたいのが、リビングやダイニングに学習机を置くという選択です。
お父さま、お母さまの目の届くところで、きちんとした姿勢で勉強できたら、それが一番ですね。注意してほしいのは、照明の明るさ。リビングやダイニングの明かりは勉強するには少し暗めなので、電気スタンドなどを使って、手元が暗くならないようにしてあげてください。

学習環境は、学力にもかかわる大事なところ。お子さまへ負担がかからない学習環境で、楽しくたくさん学んでほしいですね。