お父さま、お母さまの手を離れて、ひとりで通学する小学校。通学時間が長いお子さま、短いお子さまといらっしゃいますが、通学途中の「安全」につい ても、気にかかるところ。「ひとりで飛び出したりしないかしら・・・」、「交通ルールはきちんと守れるかしら・・・」などと、お子さまの身を案じながら も、少しでも安全対策をしたいですね。 セイバンでは、通学中のお子さまの安全をサポートするため、ランドセルにたくさんの工夫をしています。
今回は、セイバンのランドセルを安全に、そして安心してお使いいただくため、安全に関する機能を試験している様子を、 動画でご紹介します!

引きずられ事故・転倒を予防!

たとえば、本体の側面に取り付けられたフックであるナスカンは、一定の力が加われば外れるようになっていて、車などによる万一の引っ掛かりによる転倒を防止します。ご覧いただくのは、ランドセルを横向きに固定し、ナスカンを斜め45°方向にひっぱり、ナスカンが外れる時の最大荷重を測定する試験です。その結果、120N(約12kg)の荷重で安全ナスカンが自動的に、はずれることを実証しています。
(※測定結果は、同条件の同じ測定でも必ずしも同じ結果が得られるとは限りません。)

▼安全ナスカン外れ強力試験

車にお子さまの存在を知らせる反射材!

ライトの光にはっきりと反射する「反射材」をランドセルの四方に付けているため、遠くからでもお子さまの存在をドライバーに知らせることができます。この試験では、ランドセルに配置している反射材に光を照射し、反射した光の強さを測定します。その結果、再帰反射材の反射輝度の規定値をクリアしています。
(※再帰反射とは、車のヘッドライトなどの光源に向かって反射することを指します)

▼再帰反射性試験

からだにも安全な金属パーツ!

小さなお子さまが口に入れてしまったり、金属アレルギーなどがないように、使用している金属パーツにも十分な配慮をしています。こちらは、ランドセルの金属パーツが安全を確保されたものでるかどうかを調べる試験です。その結果、人体に有害な重金属が基準値を上回っていないことを確認しています。

▼人体に有害な重金属制限 (ST基準 準拠)

いかがでしたでしょうか? デザインやカラーだけでなく、「安全」の機能にも考慮しているセイバンのランドセル。通学に潜んでいる交通事故などのリスクからお子さまを遠ざける工夫がいっぱいです。
ぜひ、選ぶときの参考になさってくださいね!