ひらがなの読み書きは、幼稚園・保育園によって方針が異なる場合が多く、「よその幼稚園に行った子は、あれだけ書けるのに!」とお父さま・お母さまも不安になってしまうことがあるかもしれません。実際に入学前には、約40%のお子さまがひらがなを正しく書けるようになるそうです。

出典 こどもちゃれんじ じゃんぷ会員アンケート

もし入学までに間に合わなくても決して焦ることはありません。小学校に入学すると、国語の時間で鉛筆の正しい持ち方からひらがなの勉強が始まります。書き順も一字ずつ、ゆっくり丁寧に、一日1~2文字で進んでいきますので、最終的には夏から秋頃にはみんな同じくらいになると言われています。

とはいえ、名前の読み書きはできないと困りますので、小学校の入学前にでもひらがなを練習する必要がでてきます。ここで誤った書き順や、鉛筆の持ち方で覚えてしまうと、小学校に入ってから直すのが難しくなることがあります。
しっかり声を掛けて、ゆっくりフォローしてあげましょう。
また正しく、きれいな字を練習するために、下記のような練習シートを作ってあげるのも効果的です。

ひらがなを少しずつ覚えてきたら、復習も兼ねてお父さまやおじいさま、おばあさまに手紙を書いてみようと誘ってみるのもいいかもしれませんね。